「バブル」「バブル経済」は英語で? 色々な「バブル」を英語で紹介

「バブル」「バブル経済」は英語で?
bubble economy
【意味】バブル経済
economic bubble
【意味】経済バブル
market bubble
【意味】市場バブル
stock market bubble
【意味】株式市場バブル
【備考】stock marketは「株式市場」の意味
equity bubble
【意味】株式バブル
【備考】equityは「普通株」の意味=common stock
debt bubble
【意味】債務バブル
【備考】株式(equity)ではなく、「債務(借入)」に起因します。
【参考】「直接金融」「間接金融」は英語で?
speculative mania
【意味】投機熱
【備考】mania は「過度の熱中、熱狂」 -maniaは「~熱」の意味
speculative bubble
【意味】投機的バブル
【備考】speculative bubble economy とも言います。

speculative投機的の意味。
投機とは市価の短期間の変動の差益だけをねらって行う売買取引を行う事を言います。
financial bubble
【意味】金融バブル
asset bubble
【意味】資産バブル
【備考】asset price bubble とも言います。
real estate bubble
【意味】不動産バブル

※不動産の価格が高騰するバブルです。
※1980年代には山手線の内側の土地の価格で米国全土が買えるほど日本の土地は高騰しました。
housing bubble
【意味】住宅バブル

※real estate bubbleの一種
cryptocurrency bubble
【意味】仮想通貨バブル

※2017年-2018年にはビットコインの価格が暴落しました。Bitcoin bubble
※その後、価格は上昇しています。(2021年5月時点)
「バブル」「バブル経済」の関連語彙
collapse of bubble economy
【意味】バブル崩壊
bubble burst
【意味】バブル崩壊
financial crisis
【意味】金融危機
currency crisis
【意味】通貨危機
stock market crash
【意味】株の大暴落
「バブル」「バブル経済」の主要事件
Tulip mania
【意味】チューリップ・バブル

1630年代前半にオランダで起こりました。

贅沢品であったチューリップの球根が投機目的で売買されて、価格が異常に高騰しました。
South Sea Bubble
【意味】南海泡沫事件

1720年にイギリスで起こりました。

バブル経済の語源となった事件です。

投機ブームによる株価の急騰から生じました。
dot-com bubble
【意味】ドットコム・バブル、ITバブル、インターネット・バブル

1990年代前半から2000年代前半にかけてアメリカを中心に起こりました。 

IT関連企業への過度な株式投資から生じました。
The United States housing bubble
【意味】アメリカ住宅バブル

アメリカの住宅価格は2005年から2006年にピークを迎え、バブルがはじける事となります。

その後、リーマンショックへと繋がっていく事になります。
「バブル経済」の基礎知識(簡単に)

バブル経済とは、株式や不動産に過度に投資(investment)されることで、実体経済(real economy)からかけ離れてその価格が高騰(surge)する事を言います。

簡単に言うと、「資産」には適正な価格がありますが、バブル経済ではその価格ををはるかに超えて取引されるようになります。

では、「適正な価格」とは何でしょう

例えば、ある土地を買えば、お店などを出店して、将来100万円が儲かるとします。

すると、95万円であればこの土地を欲しがる人はいるでしょう。

基本的には、「資産の価格」はこのように決まります。

このように資産の保有中に儲かるお金(上の例では10万円)をインカム・ゲイン(income gain)と言います。


では、なぜ「適正な価格」からかけ離れて取引されることがあるのでしょうか?

それは、「資産」は投機目的(speculative purpose)でも取引されるからです。

「投機目的」とは、資産の価格の短期間の変動(fluctuation)の差益を狙って取引する事です。

例えば、ある土地が100万円で売られているとします。

その土地が1年後に110万円になると予想していれば、すぐにその土地を100万円で買って、一年後に売却すると10万円儲かります。

このように、資産価値の変動の差益をキャピタル・ゲイン(capital gain)と呼びます。


そして、このような投機目的の投資が過熱すると、実際にその土地が生み出せる価値以上の価格で取引されることとなります。

これが「バブル経済」です。

しかし、いままで説明してきた通り、バブル経済で高騰した「資産」には実際にはその価値がないです。

投資家(investor)がそれに気が付くと、価格が高いうちに売ってしまおうと、一斉に資産が売られる事となります。

そして、資産価格が暴落(crash)します。

これを「バブル経済の崩壊」や「バブルがはじけた」と表現します。

このように、過熱状態がしぼみ始めると「泡の様に」はじけて消える事からバブル(bubble)の語が使われています。


1980年代後半の日本のバブル景気を見てみましょう。

その当時、土地の価格は必ず上昇し続けるという「土地神話」が信じられていました。

その神話が本当であれば、土地(land)を買えば将来必ずもうかる事になるので、多くの人が土地を買いました(投資しました)。

その結果、実体経済以上に土地価値が上昇しましたが、様々な要因から「土地神話」が崩れ去ると、価格が下落し「バブルの崩壊」へとつながっていきました。

日本の「ウサギバブル」

バブル経済というと、「株式」「不動産」への投機ブーム(speculative boom)を思い浮かべるでしょう。

しかし、記録されているバブル経済でもっとも古い例は、1600年代のオランダでのチューリップの球根(tulip bulb)への投機ブームなのです。

当時、オランダではチューリップはぜいたく品として高値でされるようになっていました。

値上がりするチューリップの球根の売買差益で儲けようとした人たちが多く現れ、価格は更に高騰しました。


このような意外な物のバブルは、実は日本でもあったのです。

明治時代初期の東京で起こった「ウサギバブル」(rabbit mania)です。

当時、東京の富裕層(upper class)の間で、外来種のウサギを飼う事が流行しました。

ウサギの買い手が増えたことから、その価格が上昇していき、投機目的でのウサギを飼育・売買へとつながっていきました。

最終的には、この投機熱を抑えるために、政府より飼育や売買の制限兎税が課され、終息していく事となります。


チューリップやウサギなど、意外な物も投機目的で売買されていたことには驚きですね。

新型コロナウイルスが流行した2020年の需要の増加からのマスク価格の高騰も、「バブル」と呼べるかもしれませんね。

「バブル経済」おすすめ関連英語動画

Prateek Singh: What causes economic bubbles?
(TED-Ed 埋め込み外部リンク)

「バブル経済」英語例文
Level:★★★★★★☆☆

Few economic bubbles have been as notorious as the dot-com bubble.
(和訳)ドットコムバブル(ITバブル)ほど悪名高い経済バブルは少ない。
【ポイント①】notorious (形容詞:悪名高い)
【ポイント②】dot-com bubble (ドットコム・バブル)
Level:★★★★★★☆☆

Although economic bubbles are not that rare, people repeatedly fail to recognize risky, speculative trading.
(和訳)経済バブルはそれほど稀ではないにもかかわらず、人々は危険な投機的取引を何度も判別し損なう。
【ポイント①】repeatedly (副詞:繰り返し、何度も)
【ポイント②】risky (形容詞:危険な)
Level:★★★★★☆☆☆

Analysts have been buzzing about an economic bubble in the United States.
(和訳)アナリスト達はアメリカでの経済バブルについていろいろと語ってきた。
【ポイント①】analyst (アナリスト、分析者)
【ポイント②】buzz about A (Aのことをワイワイ話す)
Level:★★★★★★★☆

A speculative bubble exists if the market price of an asset differs from its fundamental value.
(和訳)投機的バブルは資産の市場価格がその基礎的価値と異なる時に存在する。
【ポイント①】A differ from B (AがBと異なる)
【ポイント②】fundamental value (基礎的価値/ファンダメンタル・バリュー)
Level:★★★★★☆☆☆

When the housing bubble burst, some nine million families lost their homes.
(和訳)住宅バブルがはじけたとき、およそ9百万の家族が家を失った。
【ポイント①】burst (自動詞:はじける) 活用:burst-burst-burst
【ポイント②】some (副詞:(数字の前で)およそ=about)
Level:★★★★☆☆☆☆

Once the Bitcoin bubble bursts, it could see a decline for many years.
(和訳)いったんビットコイン・バブルがはじけると、数年間は下落しうる。
【ポイント①】once (従位接続詞:いったん~すると)
【ポイント②】decline (名詞:下落)
関連ボキャブラリーまとめ
investment
【意味】投資
real economy
【意味】実体経済
surge
【意味】高騰
income gain
【意味】インカム・ゲイン
speculative purpose
【意味】投機目的
fluctuation
【意味】変動
capital gain
【意味】キャピタル・ゲイン
investor
【意味】投資家
crash
【意味】暴落
land
【意味】土地
speculative boom
【意味】投機ブーム
tulip bulb
【意味】チューリップの球根
rabbit mania
【意味】ウサギバブル
upper class
【意味】富裕層
notorious
【意味】形容詞:悪名高い
repeatedly
【意味】副詞:繰り返し、何度も
risky
【意味】形容詞:危険な
analyst
【意味】アナリスト、分析者
buzz about A
【意味】Aのことをワイワイ話す
A differ from B
【意味】AがBと異なる
fundamental value
【意味】基礎的価値/ファンダメンタル・バリュー
burst
【意味】自動詞:はじける 活用:burst-burst-burst
some
【意味】副詞:(数字の前で)およそ=about
decline
【意味】名詞:下落
once
【意味】従位接続詞:いったん~すると

関連内部リンク
「 サイ 」は英語で? 「灰色のサイ」とは? 関連英語語彙と英語例文で学ぶ
「デノミ」「通貨切り下げ」は英語で? そもそも「デノミ」とは?
「直接金融」「間接金融」は英語で?
「電子決済」「電子マネー」は英語で? 関連英語表現

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です