【例文】So do I /Neither do I の意味と使い方

So do I /Neither do Iの意味は?いつ使える?

会話の中で「私もです。」と言いたい時に Me too. と言う表現が真っ先に浮かぶと思います。

この Me too. の言い換えとなるのが So do I. という表現です。

I don’t like sushi. のように話し相手が否定形の文を用いた場合に、「私も(好きじゃない)です。」と言いたい場合は Me neither. か Neither do I. とする必要があります。

Me too. や Me neither. よりも So do I. や Neither do I. の方が、少しかしこまった印象があります。

文法的には、So do I. や Neither do I. は 「主語⇒動詞」の順番が逆の「動詞⇒主語」の形になる倒置であると言えます。

使い方の注意点

否定文の文に同意する場合には So do I. ではなく Neither do I. としなければならないという注意点を紹介しました。

この他にも、So do I.やNeither do I.を使う際に気を付けなければならない点があります。

例えば、I like you. (あなたが好きです。)と言われた時に、「私もあなたのことが好きです」と表現する際に、日本語では単に「私も」と言えますね。

しかし、英語で I like you. に So do I. と答えると。「私も私のことが好きです」の意味となってしまいます。

このような場合は、I like you, too. のように答える必要があります。

応用と英語例文

【一般動詞/現在形/肯定文】

I like sushi.

So do I.

(和訳)私は寿司が好きです。

(和訳)私もです。

【一般動詞/現在形/否定文】
   
I don’t like sushi.

Neither do I.

(和訳)私は寿司が好きではありません。

 ï¼ˆå’Œè¨³ï¼‰ç§ã‚‚です。

 【一般動詞/過去形/肯定文】

I met her yesterday.

So did I.

(和訳)昨日、彼女に会いました。

(和訳) 私もです。

    【一般動詞/過去形/否定文】

I didn’t meet her yesterday.

Neither did I.

(和訳)昨日、彼女に会いませんでした。

(和訳) 私もです。

【be動詞/現在形/肯定文】

I’m a student.

So am I.

(和訳)私は学生です。

(和訳) 私もです。

【be動詞/現在形/否定文】

I’m not a student.

Neither am I.

(和訳)私は学生ではありません。

(和訳) 私もです。

【be動詞/過去形/肯定文】

I was a teacher.

So was I.

(和訳)私は先生でした。

(和訳) 私もです。

【be動詞/過去形/否定文】

I wasn’t a teacher.

Neither was I.

(和訳)私は先生ではありませんでした。

(和訳) 私もです。

【助動詞/肯定文】

I can drive a car.

So can I.

(和訳)私は車を運転できます。

(和訳) 私もです。

【助動詞/否定文】

I can’t drive a car.

Neither can I.

(和訳)私は車を運転できません。

(和訳) 私もです。

【完了形/肯定文】

I have been to Fukuoka.

So have I.

(和訳)福岡に行ったことがあります。

(和訳) 私もです。

【完了形/否定文】

I haven’t been to Fukuoka.

Neither have I.

(和訳)福岡に行ったことがありません。

(和訳) 私もです。












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。