「学歴」「学歴社会」「学歴フィルター」は英語で?

「学歴」「学歴社会」「学歴フィルター」は英語で?
academic background
【意味】学歴

※backgroundは「経歴」の意味
educational background
【意味】学歴
educational status
【意味】学歴

※statusは「地位、身分」の意味
educational qualification
【意味】学歴

qualificationは「資格」の意味
academic background-oriented society
【意味】学歴社会、学歴偏重社会

-orientedは名詞について「~志向の」の意味となります。
academic achievement-oriented society
【意味】学歴社会、学歴偏重社会

academic achievement「学業成績」の意味
meritocracy
【意味】実力・能力主義社会、学歴社会

※基本的には「実力主義社会」の意味で用いられますが、「学歴社会」に近い意味でも使われます。
(能力がなくても学歴だけで何とかなる「学歴社会」とはニュアンスが違います。仕事や学問で成果を上げた人がどんどん勝ち上がっていく社会を言います。)
filter candidates based on academic background
【意味】候補者を学歴によってフィルターにかける

「学歴フィルター」を直訳できる英語表現はまだないですが、この表現で説明できます。
job hunting discrimination
【意味】就活での差別

※学歴による差別以外にも、性別、年齢、家柄、宗教、人種等によって就職活動時に差別されることが問題となっています。
「日本の就活」「日本の履歴書と海外の履歴書」

日本では学生が同時期に一定のルールの中で「就職活動」(job hunting)をします。

我々日本人からすると、春先にリクルートスーツを着て、判で押したような髪型をした学生たちを見るのはある種の風物詩になっています。

しかし、海外に目を向けると、このような一斉就活は珍しいとのことです。

現在では、このような一斉就活に疑問を持つ日本人の学生も多いですが、アメリカなどではいわゆる「新卒」(new graduate)にも「実務経験」(work experience)が求められることが多いようです。

そのため、学生の内からインターン(internship)などで経験を積む必要があります。

その点では、「未経験」(unexperienced)で受け入れてくれる日本企業は寛容だと考えることもできます。


また、日本では「学歴フィルター」という言葉があります。

これは就活の際に、ある一定以上の学歴がないと機械的に書類審査以前で不合格となってしまう事を指します。

この「学歴フィルター」も日本以外ではあまり聞かれない言葉です。

日本は学歴社会だと不満(complaint)を言う日本人学生も多いですが、一方で、日本よりも学歴に対してシビアな国も多く存在するようです。


就職活動時の学歴以外の差別(discrimination)も問題となっています。

例えば、宗教や家柄、人種、容姿、年齢、性別、性的志向によって差別されることがあります。

特に北米やヨーロッパの地域ではこの問題に敏感であり、「履歴書」(resume)には顔写真や年齢、性別などの職務に関係のない個人情報(personal information)は記載しないのが一般的です。

これらの情報を事細かに記載する日本の「履歴書」とは正反対のルールとなっています。

日本ではできるだけ容姿の印象を良くするために履歴書の「顔写真」にお金をかける傾向が強くなっているようです。

韓国では就職活動のために美容整形手術(cosmetic surgery)をする人もいるとのことです。

「学歴」関連おすすめ英語動画

Looking for a job? Highlight your ability, not your experience | Jason Shen
TED (YOUTUBE 埋め込み外部リンク)

英語例文
Level:★★★☆☆☆☆☆

Japan is an academic background-oriented society.
(和訳)日本は学歴社会です。
【ポイント①】academic background-oriented society (学歴社会)
 
Level:★★★☆☆☆☆☆

He has a great academic background, but no experience.
(和訳)彼は素晴らしい学歴を持っているが、経験はありません。
【ポイント①】academic background (学歴)
【ポイント②】experience (経験)
Level:★★★★☆☆☆☆

One of the most common job interview topics is your educational background.
(和訳)最も一般的な就職活動の面接の話題の一つはあなたの学歴についてです。
【ポイント①】job interview (就職活動の面接)
【ポイント②】educational background (学歴)
Level:★★★★★☆☆☆

An education summary is the section of your resume where you highlight your academic qualifications.
(和訳)学歴の要旨はあなたの学歴を強調する履歴書の欄です。
【ポイント①】resume (履歴書)
【ポイント②】highlight A (動詞:Aを強調する)
Level:★★★★★★☆☆

The US may still be a very meritocratic society.
(和訳)アメリカはまだとても実力主義社会かもしれません。
【ポイント①】meritocratic (形容詞:実力主義の)
 
Level:★★★★☆☆☆☆

Around 28% of respondents answered that “I felt gender discrimination while job hunting.”
(和訳)約28%の回答者が「就職活動中に性差別を受けたと感じた」と答えた。
【ポイント①】respondent (回答者)
【ポイント②】gender discrimination (性差別)
関連英語表現まとめ
background
【意味】経歴
status
【意味】地位、身分
qualification
【意味】資格
academic achievement
【意味】学業成績
job hunting
【意味】就職活動
new graduate
【意味】新卒者
work experience
【意味】実務経験
internship
【意味】インターン
unexperienced
【意味】未経験の
complaint
【意味】不満
discrimination
【意味】差別
résumé
【意味】履歴書
personal information
【意味】個人情報
cosmetic surgery
【意味】美容整形手術
experience
【意味】経験
job interview
【意味】就職活動の面接
highlight A
【意味】動詞:Aを強調する
meritocratic
【意味】形容詞:実力主義の
respondent
【意味】回答者
gender discrimination
【意味】性差別

関連内部リンク
【保存版】英検1級 二次面接試験対策 スピーキングトピック(例題)
人身売買 は英語で? 関連英語表現・英語例文で学ぶ 基礎知識・背景解説もあり

「「学歴」「学歴社会」「学歴フィルター」は英語で?」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 【保存版】英検1級 二次面接試験対策 スピーキングトピック(例題) - ぼきゃ部

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です