「 産業革命 」は英語で? 第一次~第四次産業革命の関連英語語彙を紹介 英語例文もあり

「 産業革命 」は英語で?

「 産業革命 」
the Industrial Revolution

必ず the がついて I R が大文字になります。

基本的には、18世紀後半にイギリスで始まった技術革新による経済と社会の大変革を言います。

しかし、「産業革命」は現代に至るまで革新的な技術が発明される度に何度も起きており、the Second Industrial Revolution の様に序数を付けることで区別されています。

以下でthe First Industrial Revolution からthe Fourth Revolutionまでを関連英語表現と共に紹介していきたいと思います。

The First Industrial Revolution

「第一次産業革命」(The First Industrial Revolution)は18世紀後半にイギリスで始まった技術革新による経済と社会の大変革です。

the Industrial Revolution / IR1 / Industry 1.0 とも表記されます。

この産業革命では「生産方式の機械化」mechanisation of production)と「蒸気機関」(steam engine) の発明がキーワードです。

蒸気機関の動力に支えられた機械・交通機関の発明(invention)により製造・製鉄・交通などの分野が発達したことで、生産性(productivity)は加速的に向上しました。

一方で、生産手段を持つ「資産家」と、生産手段を持たない「労働者」からなる資本主義(capitalism)の構造が確立され、貧富の差(wealth gap)も生まれました。

また、蒸気機関を動かすための石炭(coal)が多く燃やされるようになり、大気汚染(air pollution)も深刻化しました。

The Second Industrial Revolution

「第二次産業革命」(The Second Industrial Revolution)は1870年代~1900年代のドイツとアメリがを中心に電力・石油を新動力とする重化学工業を中心とした産業技術の革新です。

IR2 / Industry 2.0 とも表記されます。

この産業革命では「電気」electricity「石油」(petroleum)と「大量生産」(mass production) がキーワードです。

第一次産業革命では動力源は蒸気機関とそのエネルギー源である石炭であったのが電気石油に代わり、電話機(Alexander Graham Bell)、電灯や蓄音機(Thomas Edison)といった革新的な技術も生まれました。

アメリカのヘンリーフォードがベルトコンベアを用いた流れ作業の生産ライン(assembly line)でT型フォード(Ford Model T)の低コストによる大量生産を実現し、一般大衆が自動車を買うことが出来るようになりました。

The Third Industrial Revolution

「第三次産業革命」(The Third Industrial Revolution)は現在進行形の産業革命であり、確率された定義はまだないが、1950年代から現在も進行中の半導体、コンピューター、インターネットを中心とする産業技術の革新であると一般的に言われます。

IR3 / Industry 3.0 とも表記されます。また,デジタル革命(The Digital Revolution)と呼ばれることもあります。

この産業革命では「自動化」automation)と「インターネット」(the Internet) がキーワードとなります。

トランジスタや半導体(semiconductor)の発明により、コンピューター(computer)が開発され、そのプログラムの制御によって生産が自動化(automated production)されました。

それまで人間が行ってきた工程はロボット(robot)にとって代わられ、生産ラインから人間が排除される傾向にあります。それにより効率的に大量生産ができるようになりました。

また、コンピューターは高性能化・小型化されてオフィスや一般家庭に普及し、事務処理の生産性も大幅に向上しました。

加えて、インターネットの登場により情報化社会(information society)となり情報産業(information industry)が重要性を増しました。

The Fourth Industrial Revolution

「第四次産業革命」(The Fourth Industrial Revolution)は21世紀前半に第三次産業革命をベースとして起こるであろうとされる、人工知能、IoT、ビッグデータを中心とした産業革命です。

IR4/ Industry 4.0 とも表記されます。

この産業革命では「人工知能」AI: artificial intelligence)と「IoT」(Internet of Things) がキーワードとなります。

発達したインターネット技術(Internet technology)により、あらゆるものがインターネットにつながり(IoT)、それらから収集した膨大なデータ:ビッグデータ(Big data)を人工知能が学習し、車の運転や生産手段、その他のあらゆるものが完全自動化されます。

生産性が飛躍的に上がる一方で、人間の介在(human intervention)が必要なくなるので、雇用の喪失(loss of jobs)が懸念されます。

以下、関連TED TALKスピーチ 「Industry 4.0: how intelligent machines will transform everything we know」 Markus Lorenz氏


「産業革命」英語例文

Level:★★★★☆☆☆☆

The first Industrial Revolution began in Great Britain in the mid-to-late 1700s.

(和訳)第一次産業革命は1700年代半ばから後半のイギリスで始まった。

【ポイント①】The first Industrial Revolution(第一次産業革命)
【ポイント②】began(begin の過去形:始まった)

Level:★★★★★★☆☆

The Industrial Revolution began in the 18th century, when agricultural societies became more industrialized and urbanized.

(和訳)産業革命は農耕社会がより産業化、都市化した18世紀にはじまった。

【ポイント①】agricultural societies(農耕社会)
【ポイント②】industrialize A (Aを産業化する) urbanize A (Aを都市化する)

Level:★★★★☆☆☆☆

During the Second Industrial Revolution, many new technologies, including electricity, were invented.

(和訳)第二次産業革命の間に、電気を含む多くの技術が発明された。

【ポイント①】A including B(Bを含むA)
【ポイント②】invent A (Aを発明する)

Level:★★★☆☆☆☆☆

The Third Industrial Revolution was all about computers.

(和訳)第三次産業革命はコンピューターが全てである。

【ポイント①】A is all about B (AつまりBである。AはBが全てである。)
【ポイント②】The Third Industrial Revolution (第三次産業革命)

Level:★★★★★☆☆☆

In Industry 3.0, we automate processes using logic processors and information technology.

(和訳)インダストリー3.0では、論理プロセッサや情報技術を用いて処理を自動化している。

【ポイント①】automate A (Aを自動化する)
【ポイント②】information technology(情報技術)

Level:★★★★★★★☆

The Fourth Industrial Revolution represents a fundamental change in the way we live, work and relate to one another.

(和訳)第四次産業革命は私たちの生活、仕事、他人との関わり方の根本的な変化を表す。

【ポイント①】fundamental(根本的な)
【ポイント②】relate to A (Aと関わる)

Level:★★★★★★★★

The Fourth Industrial Revolution refers to how technologies like artificial intelligence, autonomous vehicles and the internet of things are merging with our physical lives.

(和訳)第四次産業革命は人工知能や自動運転乗り物、IoTのような技術がいかに私たちの物理的な生活に溶け込むかを指す。

【ポイント①】artificial intelligence(人工知能、AI)
【ポイント②】internet of things(IoT)

関連内部リンク
「貧富の差」「所得格差」「経済格差」は英語で?

「半導体」は英語で?

「最先端の」は英語で?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です