サイト説明

ボキャブラリーは例文で増やす

英語の単語や表現、用法・文法は「例文の中で学ぶ」ことがとても重要です。

英単語の意味だけを単語帳でひたすら覚えたが、「文章の中で訳せない」「英作文で使えない」。
文法や前置詞の意味、副詞の位置や適切な時制は理論的に学んだが、「実際の英語会話の中では瞬時に思い出せない」。
TOEICで高得点は取ったが、「英会話となると全然ダメ」「ビジネスメールを打つのに一苦労」。

これらの経験は英語学習中級者以上の方であれば誰もが経験した「壁」の一つです。
英語学習のインプットとアウトプットのレベルの差といっても良いかもしれません。

この「壁」を越える一つの勉強法が「大量の例文を消化する」ことです。
それも、重要な文法や用法、知らない単語や表現に注意を向けて例文を自分のものにしていく事が重要です。

この勉強法を取り入れることで、学んだ表現や文法などが「自分の言語の感覚」に浸み込んでいきます。
そして浸み込んだその英語の感覚は瞬発力の必要なアウトプットでその効果を発揮します。

リーディングとリスニングで構成される比較的受動的なTOEICでも、文章の一部として英単語を理解して、前後の語句との組み合わせを考えなければ解答できない問題は良く出題されます。
最初はひたすら単語の意味だけを覚えていても点数は上がりますが、700点以上の高得点を取得しようとすると例文の中で単語を覚えていくほうが効率が良いでしょう。

当サイトの方針・使い方

このサイトでは、上述した勉強法を実践するために「大量の良質な例文」を収集・解説していきます。

既存の例文ウェブサイトや電子辞書等ではその学術性・網羅性を充実するため、「現代的、一般的ではない」「良質ではない」表現を含む例文も多くあり、一般英語学習の妨げになると感じる事もあります。
また、解説が不十分であるため、例文のどこに注意を向ければ良いかが分からない事もあります。

このサイトではそれらを解決するために「よく使われる重要表現のみ紹介」「例文の解説も充実させる」事に重点を置いています。

また、ボキャブラリーのネットワークを広げるため英語表現にサイト内リンクをつけており、気になった単語や表現はその場で詳しく学べるように構築していく予定です。

当サイトの例文の見方
※一部上記と異なる構成のページもございます。
最後に

私の英語学習歴は5年以上になりますが、「最初からボキャブラリーは例文で学べばよかった」と後悔しています。

私が英語の勉強を始めた当初は、ひたすら「単語VS単語の対訳」のみを単語帳や暗記カードなどで覚えていました。
最初はそれでもTOEICや英検の点数は伸びていました。
しかし、TOEICの高得点を目指し始め、TOEFLや英検でも高度なアウトプット力が求められるようになると、壁にぶち当たるようになりました。
その時に本当の意味で英語力が伸びていない事に気が付きました。
結局は「英単語」というバラバラの部品を別々に持っているだけで、決してその部品が嚙み合って動くことはなかったからです。

そのころ、私は外国語大学に通っていたので、幸いにも語学のプロフェショナルである教授や講師の方にアドバイスを頂くことが出来ました。
そこでそのプロたちに頂いたアドバイスがボキャブラリーを「例文で学ぶ」という事でした。
そのボキャブラリーを「例文で学ぶ」勉強法を実践したところ、一気に壁を突き破り、TOEIC950以上、英検1級、TOEFL100以上を達成することが出来ました。
勿論、リスニングや長文読解、ライティングや発音・スピーキングなどの勉強・練習はそれぞれ必要だったのですが、そのベースとなるボキャブラリー力や文を組み上げる力が圧倒的に伸びたと実感しました。

何千人という外大生を教育してきた語学のプロが薦める、さらに私自身も効果を実感した、英語は「例文で学ぶ」という勉強法をこのサイトを通じて多くの方に知ってほしいと思っています。

特に初級~中級の頃は、英単語のインプット作業は英語学習の基軸であり、多くの時間を割くと思います。
確かに、英単語の意味だけをひたすら覚えるのは最初は効率が良い気がしてきます。
しかし、本当の意味で英語力を取得するには二度手間になります。
最初は面倒くさく感じますが、ボキャブラリーは「例文で学ぶ」を習慣にしておきましょう。

大量の例文で何度も同じ表現と出会う事で本当の意味で「あなたの英語表現の資産」となります。
一緒に、英語表現の資産をどんどん増やしていきましょう!